訪問着は着物のなかでもよく着られる機会が多いものだといえます。年齢に関係なく着ることができますし、女性の正装のひとつでもあります。色留袖についでフォーマルな着物です。たとえば、結婚披露宴や改まったパーティー、同窓会や食事会、お茶会などのイベントのほかにも、他家への訪問などの場合に着られることが多い和服だといえます。格調高い柄のものはもちろん、お洒落な紬地のものなどまで幅広いものがあります。これらの要素を含めたTPOに合ったものを着用するように求められているものです。絵羽模様である着物の総称だと考えていいです。また、礼装ではなく、おしゃれ着にしかならないものなどもあるので、同じ種類の着物といっても用途を使い分けることができるようになることが大切です。

正装のひとつであり絵羽模様が特徴

絵羽模様があればそれは訪問着だと考えていいです。絵羽模様というのは着物の模様付けの一種のことで、模様が縫い目を渡って続くようになっています。白生地を裁断し、仮縫いしたものに絵画のように模様を描いていくことで着用したときにきれいに柄がみえるようになっているといいます。また、付け下げというものもあります。これは反物の状態で売られているもので、訪問着の代用として作成されたものだといえます。あっさりとした柄付けで人気があり、染色の手間がかからない安価で販売されていることが多いです。誰かのお家を訪問するときや、普段着の着物として着用することもできるものとして購入している人もいますし、おしゃれ着のひとつと考えて購入している人もいます。いろいろな柄のものがあるので自分が気に入ったものを購入しやすいというのも人気の理由だといえます。

どこに着ていくときに着るのかということが大切

どこに着ていくのかでも着る種類を考えなければいけないです。たとえば、披露宴向けのものなら上品で華やかなものが相応しいといえます。もちろん花嫁が主役なので派手すぎるものなどは論外ですが、参列者にも場を華やかにすることが求められる場です。披露宴に何回か着る予定がある場合は、華やかなものを選択して何着か持っておくといいです。着物の地色がパステルカラーで、古典柄なら間違いないといえます。子供の行事が主な用途になる場合は、訪問着以外にも色無地や付け下げを用意しておくと便利です。子供が主役ということを考えて、親は少し控えめな色のものにしておくことが大切です。七五三は秋の行事で、入学式は春です。季節をあまり気にしなくていい柄を選んでおくと着まわしがきくのでいいです。また、披露宴に呼ばれる機会がなくなったというときは、付け下げを選んでおくといいということです。

超逸品から自信のセレクトの着物まで誠心誠意お手伝いします。 お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 着物を愛する全ての人々に信頼され、愛されるショップを目指しておりますので、ご要望があれば是非お寄せ下さい。 メールでのお問い合わせは、24時間受付 お買い物は年中無休! 社内研修制度による豊富な知識、コールセンターの充実。なんでもお気軽にご相談ください。 訪問着は京都きもの市場