和服の訪問着は女性の正装のひとつであり、普段でも着ることができる着物だといえます。いろいろな柄や色があるので、季節にあったものを選んだり、自分に似合うものを探してみたり、組み合わせ方を考えることで、楽しむことができます。また、着るときのイベントや行事などに合わせて考えるということも可能なので、そのときによってまったく違う雰囲気の着方をすることができるのが人気です。和服には年齢別にわけて着ることがある柄や色、種類があります。なので、そのことをきちんと理解しておくことがとても大切です。着用するシーンによってできるだけ色を抑えたほうがいい場合や、逆に華やかな色味のものを着たほうがいい場合もあります。そのときによって着方や合わせ方以外にも、いろいろと知っておいたほうがいいことがあるといいます。

合わせ方を考えると印象を変えられる

訪問着を着るときに考慮しなければいけないことは案外多いので、それをしっかりと知っておくことで、自分だけではなく、着ていった先の相手にも失礼がないようにすることができます。そのシーンにあったものであれば、基本的に自分が好きな色や柄のものを着ても大丈夫です。また、着物は合わせる帯や小物類、草履やバッグによって、まったく雰囲気が変わるので、同じ着物を着ていても違う雰囲気を作ってほかの場所で着ることも可能です。たとえば、暖色系の生地のものに黒地の帯を合わせると、全体的に引き締まった印象で着こなすことができます。落ち着いた雰囲気で着こなす必要があるときや、年齢的に少し落ち着いて見せたいときにはこのような合わせ方をするといいです。もうひとつ、着物と同色系の小物を合わせると優しい印象を与えることができます。

着こなす余裕がある年齢には黒などの落ち着いた色がおすすめ

和服のなかでも訪問着は年齢も関係なく着ることができる着物だといえます。着物は年齢に合わせて着る、ということはせず、そのときのTPOに合わせるということが大切なのですが、若い女性向きの柄という雰囲気もあります。柄に使われているものが可愛らしい花のものや可愛いという印象に感じるものはあります。なので、たとえば、その季節にあっている柄や色でも、比較的自分の年齢あっている、と感じるものを選ぶようにしておくといいです。基本的柄や色というのはどんな年齢でも合わせ方を考えることで、着てはいけないというものはないです。ですが、その場やその人の印象に似合うもの、その人にあったものであれば年齢は考えずに着ることは可能です。ただ、落ち着いた色、たとえば、黒などの落ち着いた色などは、年齢的に30代以上の方のほうが着こなす余裕を持っている場合が多いので、おすすめです。