着物にはいろいろな種類があるので、着ていく訪問先やその目的によってその着物のなかから選ぶことができます。特に訪問着は女性の正装のひとつであり、着物のなかでも普段から着やすい着物だといえます。いろいろな柄や色のものがあり、おしゃれ着として、また訪問する際の正装として着用することができるので、たくさん数を持っている人もいます。ほかにも女性の着物には、振袖、留袖、袷などいくつか種類があって、それぞれで年齢、その場のTPOに合わせて帯や小物類との着方をいろいろと考えることができます。着物を購入するときには呉服屋に行くという人は多いですが、最近は中古のものなども人気があり、ネットなどでも購入することができるので、いろいろと探してみるといいです。

同じ着物なのに価格が違うときがある

訪問着は、お宮参りや七五三、入園、入学、卒業式や披露宴などの幅広イベントや行事で着用することができるので、女性なら一枚は持つようにしておくといいです。着物にはほとんど定価というものがないので、販売するお店の言い値で購入してしまう、という人も多いです。同じ着物なのに、お店によって値段が全然違う場合もあるので、それがなぜかがわからない、ということもあります。チェーン店などの販売員さんの場合、その着物の値打ちがわからないままに、高額な価格を信じこんでいる場合もあるので、着物を詳しい人だとこのお店はうそをついているのではないか、と疑ってしまう人もいます。ですが、実はそれは違います。ただ、その着物の価値を知らないのでそのまま販売しているというだけなので、自分できちんと判断する必要があります。

20万から30万くらいが一般的

訪問着の選び方は、まず、基本的に柄がしっかりと入っている物を選ぶようにします。着物の値段は手間と技術とブランドで決まることが多いです。なので、作家ものなのか、それとも有名な染物でない限りはつけ下げのような柄のものが高額のものはまずないといえます。それから、プリントの染めではなく手で色を挿しているということが大切です。お店の方に、これはプリントかどうかを確認すれば、ちゃんとしたお店の場合は誰か分かる人が答えてくれます。これらを考えて、百貨店で購入するときは30万円前後、呉服屋さんで購入するときは20万円くらいが一般的な訪問着の値段だといえます。ですが、チェーン店や呉服屋さんで購入するときは一概にいうことができないので、ひとつの判断材料と考えておくといいです。